欝なんか屁のツッパリにもならんですよ


鬱。うつ。utsu。宇都宮隆。

厄介な現代病。

が、仕組みは実に簡単です。

鬱は心の病だとかよく言われますが、厳密に言うと違います。
詳しい名前とかはめんどくせーからよく覚えてないですが、鬱ってのは脳ミソのどっかのなんとかっていう物質が足らなくなるやら分泌されなくなるやらで起こる失調症なのです。我ながら素晴らしい説明だなおい。

んで、そいつがなくなると、大きく言ってしまうとあらゆるやる気が起きなくなるのです。

例えば、

仕事行かなきゃな。でもめんどくせーってかまだゴロゴロしてたいなー。

腹減ったなー。でもめんどくせーから夕飯んときでいーやー。

あ、女子高生だー。まぁ別にどうにもできないからいーやー。

と。あぁ恐ろしい。

人間の身体ってのは脳ミソにいるちっさいオッサンが指令を出して、その指令の通りに動きます。しかし鬱になると、オッサンやる気ゼロエンジニアリングになるんですな。

で、大抵の人なんかは鬱の仕組みなんか知らねーから、あぁ、なんで俺はこんな事もできないんだろうとかの自己嫌悪に陥るんですよ。まぁ俗に言う病んでます状態です。それに伴い激ヤセしたり激太りしたり、家から出れなくなったり風呂入らなくなったりする訳です。

鬱には周りの理解が必要とかよく言うじゃないですか。
確かに必要なんですよ。
でもそれよりも何よりも、脳ミソん中のやる気起こさせる物質を復活させてやんなきゃいかんのです。

バイクだってどんなに磨こうが手入れしようが、ガソリン入れなきゃ動きません。

やる気全然起こんなくなったり、今まで大事だったもんが突然どうでもよくなったりしたらそれは鬱の始まりとみた方がいいかもです。

病院行こうぜ。
で、薬貰おうぜ。

元々体内で作られる物質が、ストレスとかの様々な理由ででなくなっちまう鬱。

周りがいくら理解しようがなんだろうが、ないもんはないのです。落ちついたりして少しずつその物質が自分で作り出せる様になるまでは、外部から摂るしかないのです。

鬱はほっとくと色んな害が出てきます。いい事など一つもない。取り返しのつかない事態に及んでしまうことも少なくない。

今週、友達の母親が鬱により亡くなりました。
失踪後、最悪の結果が待ってました。

正確に言うと、鬱を起因とした精神的な奴にやられてしまいました。

俺は友達が必死に母親を探してる時、探しに動いている事を知りながらもその重大さに気付かず、アホな顔でどうでもいい事を言って笑ってました。

あの時、一緒に探しに行けば、ひょっとしたら事態はこんな結果にはならなかったのかもしれない。

が、終わったことにひょっとしたらももしも糞もねぇ。

俺が何もしなかった事実は変わらない。

まぁ責めようと思えばどんだけでも責めれるんだが、俺が俺を責めても少し体重が減るだけでなんにもならない。だったらその友達にやってあげられる事を考えようと。

でも、なんも思い付かない。たった一通のメールを送ることしかできなかった。俺なんかこんなもんなんだなぁ。

医者は病気の事は凄い詳しい。でも、病気になった人の気持ちまではわからない。文面ではわかっていても、体験してないんだから全部をわかるわけはない。
料理だってレシピ見ただけで味なんかなんとなくしかわかんなんないだろう。

俺は病気になって、副作用で鬱になるまで鬱なんか心の弱い雑魚が弱音吐いて甘えてるだけかと思ってた。

でも違う。
鬱は体の病気なのですよ。
目ん玉なくなったら見えねーのと同じなんですよ。

俺ができるのは、経験した鬱がどんなもんかと、それの対処方を人に教えること。それで少しでも鬱で苦しむ人の助けになればなぁと思います。

リストカットする前に心療内科に行きなさい。そしたらばんそこうやらマキロンやら買わなくて済むから。

食ったら吐いちゃう人も、まず病院行きなさい。吐き続けると歯溶けるんだぜ?
あ、女の子は検査薬におしっこぶっかけましょう。線が出たらおめでとうございます。

戻る