SS−東本昌平




SS』(エスエス)は東本昌平の漫画作品、またはそれを原作とする実写映画である。

小学館漫画雑誌ビッグコミックスペリオール』に2000年から2003年まで連載され単行本は全9巻が発行されている。

2人の中年男性を中心に自動車を介した夢の実現と現実の問題を描いた作品で、東本作品では唯一、四輪を題材としており、二輪は自転車ミニバイクぐらいしか出てこない。ただ、主人公が中年、ポルシェが登場すると言う点はキリン(特に「POINT OF NO RETURN!」編)と共通している。また、東本作品では唯一実写化されている

大佛(以下ダイブツ)と栗原の間に生じていた距離等が解けていく過程で周囲の大人(ここでは中年以上)の忘れていた感情を呼び覚ます様子も描かれている。自動車の描写や登場人物の回顧録が細部に渡っており、WRCの歴史や解説が描かれている話もあったり、第6巻以降では専門用語が多用されている(説明付きなのでこれもまたわかりやすくなっている)。

なお、題名の「SS」は「スペシャルステージ」の略であり、作中で重要な意味を持つ。

あらすじ

自動車整備工のダイブツは、かつて学生ラリードライバーをやっていたが、全日本ラリーでのクラッシュや妻の妊娠によりその道を閉ざされた過去を持つ。

給料停滞以外は生活は至って平凡なものだったが、妻の故郷に帰ったときにテレビでダカール・ラリー(以下パリダカ)を見たことによってラリーへの夢が再び蘇り、その後、社長の冗談をきっかけに工場に眠っていたスタリオン4WDラリー(以下スタリオン4WD)を現物支給で入手してそれで峠や首都高を攻めるようになる。しかしそこには拭いきれぬ未練(というよりそれと似たような感情)があったのだった……。

正体不明のそのマシンを峠の走り屋たちは「キャノンボール2」や酔拳のような走り方に準え「ジャッキー」と呼ぶようになり、それはダイブツの元相棒で自動車評論家の栗原の耳にも届くこととなった……。

尚、実写版ではあらすじがやや異なる。

以上wikiより抜粋

キリンの東本昌平が似たようなのを車で描いてると聞いて読んでみました。
実写かもされているとかで…。

全9巻なのでさらっと読めちゃうんですが、このジャンルはもう散々他のコミックが大暴れしているのでなんかイマイチ感が拭えない感じでした。
あまり興奮もしなかったなぁ。ちょっと残念な感じでした。



ブラウザの戻るボタンでお戻り下さい




ぽんこつ侍TOPへ