粉瘤できた


さー今日の日記はグロいですよー。

グロいの駄目な人はご遠慮ください。














最初BB弾位だった首の後ろに出来たできものは、二週間位かけてピンポン玉大に成長しました。

神経でも圧迫しているのか痛みがどんどん増し、影響で持病の膠原病の方も悪化して昨夜は眠れない程に。眠剤三種類、痛み止め二種類飲んでなんとか就寝。

今朝起きると、首の裏のピンポン玉が爆発。
排膿マニアのパンダがピンポン玉の中身をグリグリ押し出して排膿してくれました。


「むぐうおあぁぁぁぁぁぁ」

血膿すげぇ出てた。

しかし膠原病のけだるさと発熱がおさまらず午後までぐったり。ロキソニン飲んで熱を下げます。

ようやく動けるようになり、フラフラと病院へ。

内科の診察終わった後にそのまま形成に連れて行かれました。


「ふんりゅうっすかね?」

二代目もっちー
「んーどうでしょうねぇ。あけて見てみましょうね」


「ん?注射器でちゅーって吸うとかじゃないんですか?」

二代目もっちー
「あはははは。多分凄い痛いですよ」

うつ伏せにされ首筋に麻酔をバスバスバスッ!


「むぐうおあぁぁぁぁぁぁ」

二代目もっちー
「凄い大きい穴空けますけど、ビックリしないでねー」

と言われ、中身をグリグリグリグリ。


「ふんごるあぁぁぁぁぁぁぁ」


五分後


二代目もっちー
「はーい終わりましたよ」


「はぁはぁ…。ありがとうございます。これでもうできものできないですか?」

二代目もっちー
「いやーステロイド飲んでる限りは再発すると思いますよ」


「えー。いやですよ」

二代目もっちー
「残念ですねー。今カルテ見たんですが、内科でバクタ(薬の名前)出てるからこちらからは薬出せないですねー」


「えー」

そんなこんなで首筋に五ミリの穴が空きました。痛い。



画像見たら本当に穴空いてるのな。

しかし穴あけたら楽になった。
よかったよかった。

施術費1450円也。


で、それから家に帰ってUNKOしてましたら、学校から子パンダが帰ってきました。

あの小学生アホなんで、人のトイレ普通に開けてくるんですよ。鍵かけても外側から開錠するという謎の技術を持っています。

ガチャガチャバタン(家のドアを開ける音)

ドタドタドタドタ(室内を走り回る音)

ガチャ(トイレを開ける音)


「パパーただいまー」

パパ
「おかえり」


「何やってるの?」

パパ
「うんこしてんだよ」


「あのね、今日ね、」

パパ
「いや、パパうんこしてっから、お話はうんこ終わってからにしてくんないかな?」


「えー。わかったー」

パパ
「……………」


「……………。うんち出ないの?」

パパ
「お前出てけよ



で、トイレから出てから子パンダの1日を聞きました。四年生で新型インフルエンザが多数出て何日間か学級閉鎖なんだと。

俺の首の奴を見せると引いてました。

土曜日にニトリに行って我が家の寝具を買い換えたので、

パパ
「お前のお布団新しいのにしたんだぜ」

と言うと、一目散に寝室へ走っていって、

子パンダ
「パパありがとー」

と抱きついてきました。









思いっきり首に手を絡めて。

〜三ヵ月後〜

穴を開けたところに多少痕が残りましたが、今のところも再発ありません。
フンリュウできたらすぐ医者へ。

コメント

 




ブラウザの戻るボタンでお戻り下さい。