巨大シーシーバーをつけよう



どうもシャドウにがっつりと愛着がわかない。
やはり最初からいじくってあるバイクは俺には合わないようだ。
と、思っていたら、ぽんこつ侍読者から、

あのシーシーバーを一度見たかった。

という意見を貰った。

あのビラーゴにつけていた160センチのメイドインビー製のスティード用シーシーバー。

今のにもフラットフェンダー用のシーシーバーがちょろんと付いてはいるが、こんなもん俺から言わしたらシーシーバーじゃないね。

何気なしにヤフオクを見てみたら、ビラーゴに付いてたのと全く同じのを発見。


あぁこれだよ。この頭の悪い、確実に不必要な長さ。そう、このシャドウに足らないのはこれだ、この自己主張性がアメリカンには必要なんだ!

と興奮しながら、はぁはぁ言いながら値段も見ずに即購入。
後々見てみたら、なんとたったの6800円。
前のオーナーは余程いらなかったんだろう(笑)
だって馬鹿でかいは糞重いわでバイクに着けなかったら全く必要ないからなこいつ。
嫌いな奴の家の前に置いてくる位しか使い道がない。

で、送料1700円で佐川急便の兄ちゃんに面倒臭そうに配達されてきたこいつを、盟友ソブリンと試行錯誤しながら取り付ける。

仮組みしたシャドウを見て、悦に入った。

やっぱこれだな。


パンダ(彼女)のイントルーダー用にもう一個買おうかと持ち掛けたところ、とても嫌そうな顔をされた。

なんでだろう?


シャドリカスタムに戻る


カスタムの館へ戻る