XS650



70年代、バイクは単気筒から2気筒、4気筒とマルチ化と大排気量化という時代にあって、当時YAMAHAがオートバイとしては、2ストロークエンジン車のみを作っていた。TOYOTA2000GTの6気筒4ストロークエンジンのノウハウを使って当時、英国車の主流であった「バーチカルツイン」を採用しながらもOHVからOHCに変更し、「XS-1」を作り出した、

XS650はYAMAHAとしては初の4ストローク2気筒エンジンを搭載した市販オートバイXS1の2代目になります。しかし、その前年の69年にセンセーショナルにデビューした「HONDA CB750FOUR」、その影に隠れてしまうようなかたちでデビュー

ドラムブレーキ、キックスタートのみのXS1、各部を見直したXS1-B、それにディスクブレーキとデコンプ連動セルモーターの追加などを施したものが、XS650-Eです。

その後、TX500、TX750と統合するように形を変えてTX650となり、バーチカルツインの伝統は受け継がれていきました。

その後、アメリカンスタイルのXS650-Special と並売されるようになり、ロングセラーとなり、1980年中盤に絶版になります

当時のカタログから

エンジン形式・種類

空冷4サイクル2気筒OHC

排気量(cc) 653

最高出力(ps/rpm) 53/7000(78XS650SP:51/7500、80XS650SP:50/7500)

最高トルク(kg・f/rpm) 5.5/6000(78XS650SP:4.5/5500、80XS650SP:5.3/5500)

全長(mm) 2175(78XS650SP:2130、80XS650SP:2120)

全幅(mm) 905(XS650SP:930)

全高(mm) 1115(XS650SP:1225)

車両重量(kg) 185(XS650E:194、78XS650SP:205、80XS650SP:210)

タンク容量(L) 12.5(XS650SP:11)

タイヤサイズ(前/後) 3.50-19 /4.00-18 (XS650SPの後ろは130/90-16)

燃費(定地走行) 35.0km/l

制動装置 (前・後) ドラム ・ドラム(前:XS650E以降はディスク 後:XS650SPは ディスク


ヨースケ
XS650




ブラウザの戻るボタンでお戻り下さい