Steedのキャブを付けてみよう


駄目だ。余りにも調子が悪くなりすぎるこのMIKUNIのキャブTM40。
それに冬場はアイシングで使い物にならないらしい。もう我慢ならん。
ノーマルに戻そう。

パーツリストを見てみるとあらま、新品だと6万位かかっちゃうじゃない。無理です。

SteedとShadowはエンジンが基本的には一緒。
よって、キャブも一緒、だと思ったからヤフオクで物色。
shadow用で探すと全然ないが、Steed用で探すとゴロゴロ出てくる出てくる。


で、3500円で落札。エアクリチャンバーもついてた。

こうちゃんちのガレージ花びらで皆で頑張って付けてみたけど、どういうわけかインシュレーターが合わない。
その日サービスマニュアルを忘れた俺が悪い。

で、液体ガスケット買ってきて、後日家でマニュアル片手に取り付け。

まずタンク外して、今までついてたTMも外して、TMのオーバーホール。次つける純正キャブもきたねぇからオーバーホール。



プラグ替えてまずはTMをテスト。

うむ、調子いい。相変わらず素敵な音だわ。

次は純正。

うむ。安定しとる。こっちのがやっぱり楽だよな。

という事で純正に替えました。
AD製のストレッチパイプだからたまにパンパンいうけど、そんな大きい音じゃないし、常にスパンスパン火吹くTMよりは数倍はいいだろ。

エアクリチャンバーは今まで使ってたエアクリカバーをそのまま使いたいからお風呂のホースを流用(笑)
これは塗装しないとかっちょ悪い。てか熱大丈夫かなぁ?

結論

shadowにSteedのキャブは結構簡単につく。


シャドリカスタム編に戻る


カスタムの館へ戻る