プレイステーション3本体



去年ようやく俺の食指が動く値段のPS3が発売されました。
そして正月暇なので買ってきました。

本当はオークションでHDD増設して売り捌いて小銭稼ごうと買ってきたんですが、改造したら自分もほしくなっちゃったwww

で、その改造のお話。

新しいPS3は120GBのハードディスクが内蔵されてますが、そのハードディスクの容量を一番使うのはゲームのインストールです。

で、その肝心のゲームのインストールは外付けハードディスクにはインストールできません。
しかもゲームのセーブデータも他のPS3では使えないのがほとんどです。(2010年正月現在)

容量を増やすにはより大容量の内蔵ハードディスクに交換するしかありません。
交換自体はPS3の説明書にも載っており、簡単に出来ます。
対応しているのはノートPC用(2.5インチ)のSATAタイプです。

交換を先延ばしにすると、その分セーブデタータの移行やゲームのインストールの数が増えるので、できるなら早めにやってしまった方がいいと私は思ってます。

とどっかのホームページに書いてあったのでPCデポ行って320GBのHD買ってきました。

ついでに19インチの光沢ワイド液晶モニターが初売り10000円だったので買ってきました。
凄い時代になったもんだ。

帰宅後、PS3の元々入っているHDを取り出します。
精密ドライバー一本で外れました。

HDのメーカーが偶然、買ってきた奴と一緒の日立でした。
でもどっかのブログには東芝って書いてあったし、個体差があるのかねぇ?
早速入れ替えて、パソコンでソニーのホームページからアップデートデータをUSBメモリにダウンロード。
PS3フォルダを作って、UPDATEフォルダを作って、その中にアップデートデータを入れました。

あとはそのUSBを本体に挿して設定して終了。
15分くらいで出来ました。

元々入ってたHDは外付け用の箱に入れて外付けHDとして使うことにしましたが、まだ必要ないのでとっととうっぱらいました。

ちなみにオークションで売ると、
本体28000円で仕入れる
→交換用の日立製ハードディスク320GBが7500円
→元々入っていたハードディスクを玄人なんちゃらの外付け用箱(1500円)にいれて6000円で売却
→改造したPS3を40000円で売却
→儲け1台につき10500円
となりました。売れるもんなんだねぇ。

DVDの再生もレコーダーと全然画質が違いますね。超きれい。
PS3すげぇ。

2010年3月からは外付け地デジチューナーも発売されるので完全にお買い得です。

100点


ブラウザの戻るボタンでお戻りください