復帰宣言

誕生日のお祝いの返事返してたら夜になりました。。皆ありがとうございます。



さて、29歳にもなった事だし、そろそろ【区切り】をつける事にします。
大事な大事なお知らせです。



7年前、突然この病気が発病してから、それまで仲良かったと思ってた奴らが沢山離れていきました。

でも変わらず付き合ってくれた人達もいました。そのおかげで、病気でありながらも前向きに来れました。

またバイク乗りに戻る事もでき、TEAM GOOD SPEEDという居場所も創ることが出来ました。

GOOD SPEEDをベースに、色んな仲間が増えました。皆といると自分が障害者で病気であることも忘れることができました。

しかし度々病気により現実に引き戻され、リーダーを続ける力も病気に奪われて、2008年の冬にメンバーに後を託し、あの140台羽田ラストランで俺はリーダーを降りました。

そして現在、体は日に日に痩せていき、クラッチを握っていた左手は茶碗も持続して持てなくなり、アクセルを握っていた右手は気を抜くと箸さえ落としてしまう位筋肉は萎縮してしまいました。
大の大人が自分の足で歩くこともままならない。

最後にくじらに跨った時、跨った体勢を維持する事すら出来ませんでした。
ただ座るだけなのに!悔しかった。

ステロイド起因の筋萎縮の為、ステロイドを飲み続けてる間は筋肉が元に戻るかどうかすら危ういです。
しかし、ステロイドは一生飲み続けなければいけない薬。



もうただただバイクに乗るという事すら夢に近い話になってきました。



バイクを降りるという言葉がありますが、乗る事ができない俺は降りる事すら出来ないのです。
降りるのではなく、やめる。
バイクをやめる。

やめる?

やめられる訳ないじゃないですか。
体が動かなくなったって、諦められる訳ないじゃないですか。
俺にはバイクに代わるもんなんてないんですよ。

俺には待ってくれている仲間がいます。
くじらに乗った俺を見て喜んでくれる仲間がいます。
幸いにも家族の理解もあります。

足掻いて足掻いて、駄目かもしれないけど俺が俺らしくある為に死ぬまで足掻いてやる。
やりたいことをできないからと言って諦めるような人間じゃなかった筈だ。


だから約束します。

俺は必ず戻ります。
GOOD SPEEDのエンブレムと共に必ず。



次は病気に勝つ為に、再びGOOD SPEEDを率いて走っていこうと思います。

俺の誕生日である今日3月26日、第四期GOOD SPEED をスタートします。
これが俺の【区切り】です。

皆さん、改めてよろしくお願いします。


ブラウザの戻るボタンでお戻り下さい。