ELIMINATOR250


ELIMINATOR250は1987年に発売された。デザインは上位同様で、エンジンはGPX250Rの並列2気筒を流用している。

1988年には400同様にSELX仕様としてモデルチェンジされたが、この時のモデルには海外向けに別仕様のエンジンを搭載する車両も存在していた。

その後しばらくは販売休止となったが、1997年にはフルモデルチェンジとしてELIMINATOR250Vが発売された。これは新たに開発されたV型2気筒エンジンを搭載したモデルであり、名称も最後にVをつけている。デザインも旧型と異なっているが、やはりシリーズらしくドラッグマシンに仕上がっており、2007年現在も色の追加のみでニューモデルが発売されていたが、2007年夏頃、生産中止した。






わたる
エリミ




ブラウザの戻るボタンでお戻り下さい