クレーマークレーマー


クレーマー。

俺の現在の仕事相手である。

ある程度筋の通ったクレーマーも、そうでないクレーマーも、どっちが正しかろうが正しくなかろうがうちらの部署で処理しなければならない。我々は正義の味方ではなく、所詮会社に雇われているイチサラリーマンだから会社の命令は絶対。言いがかりをつけてくる100%悪意を持って仕掛けてくるクレーマーも、逆にこちらが100%悪くて被害を受けてしまった老人も同じように、

[会社に被害をもたらさないように]

処理しなければならない。

だからそれなりに割り切って仕事しないとやってられない。こちらがおこした行動によってその後相手がどうなるかなど考えてはいけない。やってしまったことはもう取り消せない。

今の俺は直接相手と面と向かってクレームを処理することは少なくなった。
今は専ら裁判とかに発展してしまった問題を弁護士と一緒に片付けていく仕事だから、随分気は楽だ。
裁判に負けた所でまぁ俺一人の責任にはならないしね。

んで弁護士と一緒にいる時間が多いから必然的に結構話すのだが、弁護士も似たような悩みを持っている人が多い。
完全な悪人の減刑の為にお金を貰い、被害者を追い込むような事を言わなければいけない。正しいか正しくないかとは別に、自分が生きていくために。家族を養う為に。

「つまるところ、なんの仕事が正義なんですかねぇ?」

と言うと、

「まぁ我々じゃない事だけは確かですよ(苦笑)警察も検察も正義かって言ったらそうとは思えませんしねぇ。」

と。

別に正義の味方になりたい訳じゃないんだが、俺は家族や仲間に何一つ包み隠さず、俺はこんな仕事をしてこういう結果を出したんだよ、と胸張って言える仕事がしたいなぁ。


戻る