スティードをカスタムしよう


たーみーさんの愛車のスティードのカスタムを請け負う事になりました。

BEFORE
フォト


んっ
フォト



AFTER
フォト


終了。






















手抜きもいい所なのでちゃんとやりましょう。

デタッチャブルのバックレストとステップボードを付けたい、それ以外は好きにしてくれと言われたのですが、もうちょっと詳しく聞いたらまぁ軍用な感じで渋めでって言ってくれたので方向性がある程度決まりました。

ヘッドライトは純正から大きめの砲弾型に。
フォト
ヘッドライトを明るくしてくれとの事だったのでバルブはハイワッテージバルブを使用。

ウインカーはバレルのBLACKにしました。

前後フェンダーはエスカルゴのセットです。
タンクはマスタングか
フォト
純正かで迷いました。
フォト
結局純正にしました。

ついでエアクリのフィルターもこいつから
フォト
新品に。
フォト

ステップボードも付けました。
フォト
フォト

デタッチャブル(取り外し可能)のバックレストはハーレーでは設定はあるのですが、国産では聞いた事がありません。

なのでハーレーのデタッチャブルとスティード純正のバックレストを加工して合体させました。
フォト
フォト

エスカルゴフェンダーを付けるためにはサブフレームの先がいらないので取り外します。
フォト

デタッチャブルバックレストを取り付けるにはリアフェンダーもカットしなければいけないのでザックリ。

フォト

マフラーは2in1のスーパートラップを選びました。
耐熱で艶消しに塗装。
フォト
装着
フォト

最初から茶色のマフラーバンテージを巻きました。
フォト
とてもいい音がします。

塗装はじっくり乾燥させる為にプラサフから一ヶ月掛けました。角度によって緑がでてくる黒です。
フォトフォト

フォト

ホーンもビンテージタイプのものを選びました。
テールランプは最初はクリアタイプのトゥームストーンだったのですが、合わないのでSR用のどっかのテールランプにしました。
フォト

シートはおしりに優しい純正を使用。
90年代のバイクの純正シートは最高。

気休めにしかなりませんが、サドルバックサポートの下にシリコンマットを貼って塗装を保護します。
フォト

セルモーターがお逝きになられたので、中のカーボンブラシを交換、スターターリレーも中古だけど新しい奴に交換、チェーンのメンテナンスとリアブレーキシューのメンテナンスもします。
ハンドルをピカピカに磨いて、グリップはキジマの樽型にしました。
ミラーはTANAXのいつもの奴です。

フロントブレーキはピストンを綺麗にしてあげました。

だいぶ引き締まったフロント。
フォト
フォークブーツ付けたいなぁこれ。

そんなこんなで完成しました。
フォト
フォト
フォト

まぁもうパンダスターと兄弟車ですね。
フォト

さて次は何を造ろうかねぇ。

コメント




ブラウザの戻るボタンでお戻り下さい




ぽんこつ侍TOPへ