あぴーる


なおまろさんが築地から愛を送ってくださいました。

フォト

こんなものを配達員に見られてしまってとても恥ずかしかったので、配達員はもひに処理させました。さようなら。
なおまろさんありがとうございます☆

昼発送にコンビニに行くと若いお姉さんに声をかけられましたので抱いてやろうと思ったら5年間住んでいた家のお隣さんだったお姉ちゃんでした。
こないだ産み落とした赤ちゃんを抱いてました。

「俺に似てねぇな」
「ごめんねパパ」
「乳しぼんだ?」
「いや、パンパン。てか乳首やばい痛い」

コンビニのレジの店員固まってましたよw

んで帰って働いてるとなじさんとへちまさんが遊びに来て、もひにホワイトハウス製のカブを、俺には週刊ハーレーを与えて帰っていかれました。神か彼らは。

今年の夏は鈴鹿で過ごす事になりそうで、ちょっとテンション上がりながら仕事をしているとすぐ日が暮れました。

居住区へうんこしに帰ると、他の部屋の前に封筒が落ちていました。

普通に透けてお札が見えています。

○○様6000円と書いてありました。

ここは親子三人が住んでる部屋の前です。
こんな家賃の安いアパートに三人で住んでるんです。きっと6000円落としたなんてなったら大変に違いない。
迷わずインターフォンを押しました。
警戒しながら出てくる美人な奥さん。
俺が住むアパートって絶対一人は美人住んでるよな。なんでだろう?

とりあえず封筒を渡しました。

すると

「あ、これウチじゃないです」
「まじすか」






困った俺。俺どうすんの?こっからどうすればいいの?

「でもこの名前見た事ありますから探して渡しておきましょうか?」

女神ですか?

まぁひょっとしたら彼女は懐に入れてしまうかもしれませんが、まぁそんな事は考えないようにして託しました。

俺今日いい事した!
一日一善したよ!

と宅配員の処理で腕が血で染まってるもひにアピール。

そしてネットを通じて世界にアピール。

コメント






ブラウザの戻るボタンでお戻り下さい




ぽんこつ侍TOPへ