一年経って思うこと


自分の家の駐車場でビラーゴ250のキャブレターのセッティングをしていました。

小さいドライバーで小さいネジを回している時に、突然地面が揺れました。

何が起きているのか分かりませんでした。

色んな所から聞いた事のないような音がなっていました。

それは長い間続いて、まだ続いています。終わっていません。



あの震災がきっかけで色んな人の人生が変わりました。

俺も震災後売り上げが全くなくなり、仕方なく暫く都内で講師をしていましたが、職場が震災で営業停止したせいで暇になったもひが手伝いに来るようになり、皆の支えもあったおかげで今またバイクで飯が喰えています。

同じ日本であっても被災してない人達にはやはり他人事だと思います。まぁそんなもんです。じゃあ今回被災した人たちが他の天災の時に被災した人の事をどれだけ考えた事があったか。殆どの人が知り合いでもいない限りまぁそこまで考えなかったでしょう。そんなもんなんですよ。


半ヘルばっかり被っていた人が事故ってからちゃんとしたヘルメットを買うように、一度地震や津波で恐怖を覚えればそれに対する備えをするようになります。

悲劇を悲劇で終わらせるか、そこから何かを学ぶか。

どうせならプラスにしないと。
あの経験を無駄にしちゃいけない。

コメント





ブラウザの戻るボタンでお戻り下さい




ぽんこつ侍TOPへ