一生乗れるバイク


って何だと思います?

明日死ねば今乗ってるバイクが一生物ですw

物は壊れます。ずっと乗っていくには物としての性能、それに対する思い入れ、壊れても直していける環境が必要です。

俺は旧車があまり好きじゃありませんでした。最新の性能の壊れないバイクが100万円で買えるのに、何で壊れたら高くつく維持費も決して安くない昔のバイクを300万も出して買うのか全然理解できませんでした。

分かるようになるとは思わなかったなぁ。

俺は昔から1台のバイクをずっと乗り続けた事がないんです。くじらは来年で5年ですが、こんなに所持し続けた事もないんです。でもね、くじらは次買ってくれる人がいたら手放そうと思っています。やはり年々病気にやられてるこの体では乗り続けるのが難しいみたいです。左手がやっぱね。乗ってる途中で指先動かなくなっちゃったりするともうそろそろ限界かなぁって思います。あぶねぇもん。

で、この体でも乗り続けられそうなバイクってなんだろうなって思うようになったんです。
もちろんそんなもん一杯あります。でも乗りたいバイクの中にあるかどうか?

いよいよ乗れなくなったらポルシェ356買いますけどねw
フォト

前に両足の大腿骨を人工骨に変えた時にもう一生バイクは乗れないと思ってました。ほいで出来なくなっちゃった事はスパッと諦めて、自分が今出来る範囲で楽しい事をやっててそれなりに楽しかったんですが結局バイクに戻ってきちゃいました。

だから俺が356買う事はないだろうなぁ。多分またバイク乗るもんw



で、今欲しいのはと言うと、まぁ完成形はホワイトハウスのCB750Cafe。

フォトフォト

やっぱ格好いい。大体250万円くらい。
ベースのCB750はいいバイクです。だって教習車だもん。
でもまた鬼ローン組むのもしんどいなぁ。

で、値段的にも現実的で元々乗りたいバイクでもあるGS1200SS。

フォト

この車体に果たして今乗れるかどうかわかりませんが、まぁおそらくバイクを乗り続けることが出来るならその内買うでしょう。もうクルーザーは買わないです。またクルーザー乗るんだったらくじらぶっ壊れるまで乗るし、くじら壊れてもどげんかして直します。

で、番外編としてはこれ。

フォト

GSX-1100Sカタナ。

初期型がでたのが1981年。俺が産まれた年です。
初期型はもうぽんこつしかありません。どんなにいい状態だって何回か色んな所がオーバーホールしてあります。そしてどんなにがんばって新品当時の状態にしても30年前の機械ですから、今のバイクには敵いません。そしてその状態にするには最新型のいいバイクが買える値段になるでしょうね。

でもそれが自分の最後になるバイクだとするなら例え300万でも買うんでしょうね。

そんな事を考えながら1986年式のレブルのフロントキャリパーをオーバーホールしてました。固着しまくってて大変でした。とっとと済ませようと思い、サクっとキャリパー外してエアーでポンってやってやろうと思ったらビクともしねぇw
結局んっ(マスターシリンダーばらしてそこに詰まっていた謎の汚物じゃいなんじゃい取り除いて、キャリパーの中も出来る限り綺麗にして、またフルード入れてニギニギして、あ、ニニギして、ピストン押し出してシコシコ綺麗にしてダストシールとピストンシール新品に交換して、ピストンぶち込みました)ってやって、オークションで買った激安ブレーキパッド買ったら厚みが厚すぎてディスク挟めなくて心折れて帰りました。

もひがメイト80をレストアし終えたので近日中にViaと普段の足を交換しようと思います。誰かVia買ってくれw
で、SRVも仕入れたときの不具合を全部直してビュンビュンと走ってくれるようになりました。うわーこれ超楽しい。売りたくないw

でも売らないとご飯食べれないのでビアもメイトもSRVも売りますけどね。しかしまぁSRV250がこんなにいいマシンだとは思わなかったなぁ。

フォト

もひもメイト出来るようになったから売れたらまたタウンメイト80探そう。

あ、メイトこそ一生乗れるバイクかもしんねぇなぁw

コメント











ブラウザの戻るボタンでお戻り下さい




ぽんこつ侍TOPへ