さみしいのうさみしいのう


徳さん親子が我が家に来てから約半年、5人家族となった我が家はとても楽しかったです。

フォト

元々は徳さんの母親である姉パンダが現実から逃げた先を我が家に選んだんですが、半年経っても彼女と彼女の旦那は現実から逃げたままで、むしろ逃げたままの生活に満足すらしている様に見えてしまうようになりました。そしてこの状態を解決しようともしていない感じになっていました。


これではいけない。

情けは人の為ならず、かぁ。

本当は心から出て行って欲しくないのですが、俺はクリスマスや正月は家族で居なきゃいけないイベントだと思っています。これを機会に戻ってちゃんと向き合ってきなさいと言い、家に帰しました。

子供がいる家庭から子供が減るのはとても寂しい事です。
特に可愛い盛りの2歳児。1番手のかかる年頃ですが、それ故四六時中見ている為徳さんがいない日はとても寂しいのです。

子パンダがハワイに行く前日、久しぶりに3人でお風呂に入りました。

フォト

うちに来た時は
「あんぱんまん」
「おはよー」
「にゅうにゅう」

しか言えなかった子が、今や

「ぱぱちゃんさーバイクできたの?」
「保育園さー寒いんだもん」

とか言えるようになりました。

フォト

もうおむつだって取れたんです。

母ちゃんが夜遊びに行ってる時は、いくら一緒に寝ようと言ってもママの布団で一人で寝て待ってました。おかげで2歳児なのに夜も一人で寝れる子になりました。

母ちゃんはまだ母ちゃんになってから2年半ですので、俺から見ると正直母親としての覚悟も自覚も少ないと思います。父親に至ってはここには書きませんがもう色々と論外です。

これからもうちょっと自覚を持って、徳さんを幸せにしてあげやって欲しいなと思います。

で、只今パンダと二人暮らし中です。

子供がいないと会話があまりありませんw

コメント






ブラウザの戻るボタンでお戻り下さい




ぽんこつ侍TOPへ