修行再び


日、月と連休のパンダ師匠が、誕生日だしどっかに旅行に行きたいと言うのですよ。


「どこ行きましょうか?」

パンダ
「日本海」

日本海遠いな。

「師匠日本海遠いんで、まだ2人ではいった事ない群馬とかどうでしょうか?」

「いいよ」

「群馬のどこに行きましょうか?」

「滝見たい。滝が見たいのう」

「ま、またっすか」

実は去年退院したての時に、千葉の養老の滝でひどい目に合わされたんです。

そんなこんなで目的地は吹割の滝に決定。

フォト

朝のんびりと出発。

フォト

関越はまぁやっぱり混んでました。

特に何も問題なく滝に着いてとりあえず飯。

フォトフォト

「俺は32番なのになんで39番の食券の奴の飯が先に出てくるんだ!」

って騒いでる爺さんをおかずに食べる昼飯はとても美味しかったですwww

飯を食ってからデザート。

フォト

滝の入り口に行くと変な占い師がいました。
フォト
なんか吉本に所属してるらしいです。

パンダさんに先導されて滝へ行きます。
フォト
あじさいが綺麗でした。
フォト
「つ、つりばしがあるよ」
フォト
滝とつり橋はセットなのかねぇ。どこの滝にもあるような気がします。

橋を渡りきった所に素敵な奴がいました。
フォト
4.5センチはありました。こんなでかい奴熊本でも見た事ねぇ。

しかしまぁやっぱり足の不自由な俺にとってはしんどい道でした。
フォトフォト
フォト

川の中に入るためにサンダルできたので山道しんどいです。
フォト

「はやくー」

フォト

FUCK!

1時間くらいしんどい思いをすると遊歩道の途中から滝が見えました。

フォト

すげぇ遠いぞ。俺はあそこに行きたいのに何でこんなはるか高い場所から見なきゃいけないんだ?

足の至る所がぴくぴく痙攣した所らへんでようやくゴール。

えぇと、ゴールなはずなんですが、出発地点のすぐ近くにでてきました。

「師匠、ちょっとこっちこい」

「はい」

「今ここをこう歩いて行きましたよね」

フォト

「はい」

「滝すげぇ遠かったですよね」

「はい」

「滝に行くには今のとこ行かないで、こうやって行ったらよかったんじゃないですか?」

フォト






「…お、おこらないで」








フォト



「いいいいたいいたいいたいごめんなさいごめんなさい」




そんなこんなで違うルートで行くとあっという間に滝に到着。

フォト

川超気持ちいい。

フォト

人妻が赤ちゃんと遊んでました。

フォト

ひとづ、赤ちゃん可愛いなぁ。

おたまじゃくしやメダカが沢山いました。

フォト

「たくさんいるねー」

と師匠。

フォト

クチャッ。

フォト

綺麗な水のとこにしかいない虫も沢山いました。

フォトフォト

滝も綺麗でした。

フォト

川の中が割れてて、そこに水が流れ込んでいく感じの滝です。
自然ってすげぇなぁ。

山道はしんどかったけど、川は癒されました。なんだかんだで癒されました。

フォト

帰りは特にどこに行く予定もないのでのんびり走ってると、永井食堂発見。
フォト
お土産のもつ煮込みを買いました。

夕飯はジョイフルでモッシャモシャ食って宿へ。




んで、翌日も特に予定もないので下道でちょいちょい目に入ったところに寄りながら帰路へ。

何かどっかの道の駅でとうもろこしジェラートと食しました。

フォト

うめぇ。これうめぇよ300円。

なんか郷土資料館みたいなとこのジオラマに今日もハマる師匠。

フォト

26歳パンダさん、好きなものは向井理、工場、滝、ダム、ジオラマ。

それから上尾ライコなどによって中野へ。

山羊が
「いらねぇパーツあるから取りに来いようちまで」
とか言ってたので、中野の山羊邸までパーツを引き取りに行く予定だったんです。
中野なんてこんな時じゃないと遠くて行けないもんなぁ。

山羊の奥さんと初めまして。
奥さんこれくれました。
フォト
うめぇ。山羊これうめぇ。ありがとう。

で、無事に帰宅して永井食堂のもつを食いました。



夏のもつもうめぇな。


コメント

 





ブラウザの戻るボタンでお戻り下さい




ぽんこつ侍TOPへ