2007

1周年記念カバディ大会


12月1日は19時よりGOOD SPEEDの一周年記念カバディ大会兼忘年会兼てっつーさん32歳誕生会。
しかし俺の勤務時間は20時まで。駄目じゃん。

が、部長がズル休みをしてくれたおかげで部署内でトップの権限を手に入れた俺は、持ち前のジャイアニズムをフルに発揮。20時退勤予定なのを、見事に17時まで引き下げ、会社を脱出。一名の社員が犠牲になりました。

参加予定だったTEAM HEAVENの☆COWBOY☆ちゃんが仕事が長引いて残念な事に(´・ω・`)

パンダがトロいのとてっつーさんの誕生日プレゼントを買った店の野郎が抜群にトロかったおかげで、見事に30分遅刻。今年最後も見事遅刻を貫き通したぜていうかごめんなさい。

〜参加者〜

ミスター無計画ことやすきよさん

ミスター飲酒運転ことアキラさん

ミスター独身貴族ことイチローさん

ミスターGOOD SPEEDこと風井さん

ミスターオートボーイの上に住んでる人ことてっつーさん

コジマ

ミセス多趣味ママンことhidemuminさん

ミスターヘルニアことchujiさん

ミスター多趣味兄貴ことフナコ氏

ミスターハンターカブことヒルツ大尉

MASTERさん

酒乱パンダ



幹事のやすきよさん、やはり店の場所知らなかった(笑)さすがミスター無計画☆もう殿堂入りでいいと思う。

鍋やらなんかの肉やらをつつきながら、一年間を振り返ったり来年は何やろうかとかを手短に話して、あとはだらだらと楽しんで一次会終了。

一次会終了間際にヒルツ大尉とフナコ氏が合流。ここでミスター飲酒運転こと最年長アキラさんが帰宅。また来年☆

二次会の会場を探しフラフラ歩くが、この時期の土曜の夜なかなかこの人数に気軽に、

「おう☆うちでよかったら寄ってきな(´∀`)」

なんて言ってくれる店は、ない。
断られ続け、こりゃもう公園でブルーシート飲み会だなと腹をくくり始めた六軒目、ようやく収容先が決まり二次会スタート。

イチローさんとやすきよさんのお友達の謎の美女も加わり、シラフの俺は

「あ、お二人のおセックスフレンドかなんかですか?」

という気の利いた挨拶も出来ずにただただはにかむばかりでした。

で、酒が入ると笑い上戸になる事が判明したコジマが持ち前の天才ぶりを遺憾無く発揮して大変鬱陶しかったりと楽しい時間は瞬く間に過ぎていきました。

二次会は人見知りのパンダをメンバーに慣れさせる為に俺から離しておいたのだが、帰るときに顔を見ると目が座ってらっしゃいました。こいつが酒乱なの忘れてた。酒乱スイッチ入ってなけりゃいいが…

店を出て締めのカバディをやって解散。

パンダに、

「よし、帰るぞ」

と言うと案の定、

「まだ帰らない」

と言い始めた。

いやいやいや、明日はね、僕横浜のホットロッドショー行くのね。早く帰りたいのね。と言っても、

「帰らない」

と動かない。

いやいやいや、そりゃ付き合ってなくてそこそこ可愛い子が、

「今夜は帰りたくないの」

とか言ったらそりゃもう、

「えぇー帰りたくないだなんてそんなばかなー参っちゃったなーじゃあちょっとそこいらで一発ガルルルル」

となるわけだが、シルバーウルフとなるわけだが、こいつ同棲してっからな。しかもこいつの目的は酒だからな。

で全くお話が通じなくて態度かヤンキーみたいになってきたパンダに恐怖を覚えたから、新松戸と柏のバーのオーナーであるKEIさんに電話。あのパンツの人です。
今日は柏にいるとの事だから柏のフィエスタへ。フィエスタはお友達HIDEくんがお店長。そういやぁ今夜はアコースティックナイトの日だった。

最近バイクを売り始めたKEIさん。バーがバイク屋になってた(笑)店の前にはボルティ、SR、クラブマン、エストレア…単気筒ばっかだ。

「一発屋だからさ(笑)」

という彼のジョークに、ただただはにかむばかりでした。俺は笑っていいのかそれ?

酒を補充しバッカスぶりに拍車がかかるパンダ。文法めちゃくちゃ、もう何を言ってんだかさっぱりわからない。外国の人に英語で話しかけられた方がまだわかる。
しかしそんなパンダの話をうんうんと頷きながら聞いているKEIさん。さすがマスターだ。俺はKEIさんがパンダに捕まってる間、のんびりとニルウ゛ァーナのDVDを楽しんでおりました。

でも、マジで限界だと思ったから、

「そろそろ帰るぞ。お前もう一杯だけとか言うなよ?」

と言うと、

じゃあ二杯ね

と生ビールとジントニックを頼んだバッカスパンダ。もうお手上げです。

30分後にようやく帰れる事になり店の外に出たんだが、このパンダは酔うとあらゆる段差でつまずくという習性をすっかり忘れていた俺は、習性通りたかだか二段くらいしかない段差ですっころんだパンダの巻き添えを喰らいました。殺意を覚えた。

で、KEIさんに見送られて帰路についたんだが、車の中で転んだのが余程痛かったのかビービー泣いていたパンダが、

「なんでこんななってんの?何で痛いの?私何で泣いてんの?私に何したの?」

とキレ始める。

酒乱(・∀・)キター

そしてデジャウ゛かと思うセリフ。

「まだ帰りたくない」

ここいらで温厚なMASTERさん遂にキレました。

ふざけんじゃねぇこのパンダ、いい加減にしろよコラ!

と、怒鳴り付けたところ、

Zzz…

ね、ね、寝てるぅぅぅ。

チクショォォォォォ。


で、家につき叩き起こすと、睡眠を邪魔されて大層機嫌の悪いジャイアンパンダさんは車を飛び出し、駐車場に色んな物を投げ散らかしながら帰っていきました。意味がわからない。

俺は投げ散らかされた荷物を後ろから拾いながらベソかきながら帰りましたとさ。



翌日、無事ホットロッドショーから帰ってきた俺に、

「ごめんなさい、もうお酒は呑みません」

とひたすら謝るパンダ。絶対嘘だ。




戻る